2011年 02月 07日

   西本願寺の御影堂

年に3回(3・7・9月)、永代経法要をいただきに家族でお参りしてきました。
ですから、まほろばにとっては京都でもっともなじみ深いところでもあります。
帰りには、大好きな”松風”をおみやげにして・・・・・
この写真は、1月にまほろばが独りで京都を散策したときのものです。   491

       ☆松風 ”和風カステラ” といい表わされ、表面はこげ茶色で、ケシ粒などが散らされている


       せんぐりに春光充つる御影堂
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆せんぐり(先繰り) <京ことば・大阪弁> 順を追って次々と

       鷽鳴鳴くや一里四方は風ばかり
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました



b0161171_17144244.jpg


b0161171_1937195.jpg




       ☆まほろばの行きつけの店は、 亀屋陸奥  というところ
b0161171_18572448.jpg


b0161171_17435353.jpg
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2011-02-07 19:19 | 京都 | Comments(11)
Commented by マイルド at 2011-02-07 20:12 x
こんばんは。

京都・西本願寺・・・この敷地内にある「聞法会館」によくお世話になりました。
綺麗で、広くて、安くて・・・一度は空室が無く身障者用の部屋にもお世話になりました。
懐かしいです。京都に宿泊するときはここにしようといつも思っています。

「せんぐり」・・・いや~知りませんでした。
明日また歩いてきます。
Commented by 鎌ちゃん at 2011-02-07 21:34 x
今晩は。
「せんぐりに春光充ちる御影堂」
「せんぐり」・・・・久しぶりに目にした言葉です。
やはり、京言葉らしい、穏やかな響きがありますね。
使ってみたいどす・・・・(笑)
妻の実家が西本願寺、私の実家が仏光寺派という、
ややこしい宗派関係ですが、未だ西本願寺は通りすぎただけなんです。
いずれ、一度はお参りせねばと思っております。
「春光充ちる」・・・・本当に、まばゆいばかりですね。
Commented by 遊子 at 2011-02-07 21:38 x
せんぐりに春光充ちる御影堂  まほろば

黄金が青空に映えてきれいですね。
それにしても良いアングルで、縦横がしっかりしているので安定感があります。
ありがたい感じが満ち満ちています。
Commented by yoshiyoshi at 2011-02-08 03:43 x
鷽鳴鳴くや一里四方は風ばかり       よし
Commented at 2011-02-09 11:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 幢舟 at 2011-02-09 20:27 x
まほろばさん、こんばんは。

せんぐりに春光充つる御影堂 まほろば


黄金色の見事さに圧倒されています♩


和風カステラも一度賞味してみたいですね。


Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-11 19:52
>マイルドさん、こんにちは。

「聞法会館」、この建物の側の広い駐車場にいつも止めて、お参りに行っています。

また、いつも「聞法会館」の北側の大きな木の下に駐車します。

散歩の成果は、どうですか?!

寒いですから、温かい格好で ・・・・・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-11 19:59
>鎌ちゃん、こんにちは。

せんぐりに春が近寄ってくると思っていましたが

今日の寒さは別格でした。

おまけに雪の量がすごかったですね。

ちょっと明日香へ ・・・・・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-11 21:08
>遊子さん、こんにちは。

今日の明日香は、すごい雪景色でしたよ。

雪道はほとんど経験がなく、恐る恐る車で出かけていきました。

明日香の雪景色を撮影するために、たくさんの方々が来ていましたよ!

Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-11 21:18
>よしさん、こんにちは。

関西の朝、雪がたくさん降っていましたが、夜は関東に雪でしょうか?!

夜の気温がかなり下がってきました。

お体に気をつけてください。

Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-11 21:21
>幢舟さん、こんにちは。

松風、かめばかむほどに、甘みが増して美味しいですよ。

今回、松風にも何種類かの品物があることを知りました。

いつもと違う松風を食べてみたいです。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    稲渕の紅辛夷と男綱         三輪山 >>