2010年 12月 01日

   烏瓜

烏瓜の花は7月ごろに妖艶な姿で咲きますが、今まで直に見たことはありません。
しかし、烏瓜の実は小さい頃から見慣れていて馴染みがあります。また、この種は
よくよく見ると 打ち出の小槌 の形をしていて、面白い形をしていると思います。

栢森の里山を散策していて、木に絡まっている赤っぽい烏瓜を見つけて撮影しました。
木の幹にある枯れ蔓を引っ張って、実を引き寄せようとしましたが駄目でした。
秋のころだったら、蔓も丈夫で枝も揺らすことができ、取ることもできたと思います。

写真を現像していて、若い頃から連絡を取り合っていたが、何人かは連絡が途絶えて
しまっているし、徐々に天国に旅立つ友人もでてくるだろうし・・・・・・  と思いました。
また、枝にぶら下がって烏瓜が、まほろばに見えてきました。

烏瓜 は秋の季語だが・・・・・・   469



       枯蔓の引きてたゆたふものはなし
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました
 
 
b0161171_136041.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-01 18:46 | 明日香 | Comments(6)
Commented by 鎌ちゃん at 2010-12-01 19:16 x
今晩は。
「枯蔓の引きてたゆたふものはなし」
烏瓜は、花はもちろん実も見たことないと思います。
もっとも、ブログ友の皆さんが、よくアップされているので、
写真では拝見していますがね。
「枯蔓」・・・・すっかり、冬の装いになりましたね。
そんな中で、烏瓜の実の、鮮やかな朱色が、とても印象的です。
Commented by yoshiyoshi at 2010-12-01 20:36 x
夜半の冬時計の音で眠られず     よし
Commented by マイルド at 2010-12-02 06:57 x
お早うございます。
数日18度前後の暖かな日が続いています。

カラスウリ・・・枯蔓に・・・この時期には寂しく見えますね。
まほろばさんは青蔓にしっかりと付いていますでしょうからご安心ください。

私は、用事もないのに毎朝5時前後の目覚めですm(_ _)m
Commented by mahoroba-shahai at 2010-12-05 20:58
>鎌ちゃん、こんにちは。

明日香の栢森は、いつ行ってもなにかをまほろばに

分けてくれる有り難いところです。

烏瓜を入手しましたよ!

近々にアップしたいと想います。

Commented by mahoroba-shahai at 2010-12-05 21:00
>よしさん、こんにちは。

いつも新しい視点、ありがとうございます。

田舎だけでなく、今度は、都会にでも出かけたいと・・・・・・・


Commented by mahoroba-shahai at 2010-12-05 21:02
>マイルドさん、こんばんは。

”青蔓にしっかりと付いています”

ありがとうございます。

土曜日に、のんびりと御堂筋を歩いてきました。

都会はすでに年の暮れのモードに入っているような

慌ただしさでした。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    御堂筋         こめ粉パン 配合⑤ ⑥ ... >>