2010年 11月 26日

   夕しぐれ

栢森の里山には、まほろば好みの場所があります。
山の斜面が陽をさえぎりやすく、昼を過ぎるとすぐに日陰になってしまうところですが
村人は、楓、山茶花、銀杏など四季を通して楽しめる木々や草花を栽培されています。
先ほどまで冷たい雨が降っていましたが、山茶花の初花は健気に耐えて咲こうとしていました。   467


       巖陰に一念ありき夕時雨
       ☆俳句の文字色を 藤鼠 (ふじねず) 色 にしてみました

       憧れは凍れる花の白さかな
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました


b0161171_21573214.jpg


b0161171_2157509.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-11-26 20:49 | 明日香 | Comments(4)
Commented by 鎌ちゃん at 2010-11-26 21:14 x
今晩は。
「巖陰に一念ありき夕時雨」
人目につかないところで、生命の逞しい息吹を感じられたのですね。
動物・植物の多くが、冬の眠りに入ろうというこの時期、
新たな生命の輝きを感じさせてくれるのが山茶花ですね。
我が家の山茶花も、随分蕾を膨らませてきました。
厳しい冬を、健気に彩ってくれる花、嬉しいですね。
Commented by yoshiyoshi at 2010-11-27 07:00 x
憧れは凍れる花の白さかな         よし
Commented by mahoroba-shahai at 2010-11-28 08:55
>鎌ちゃん、こんにちは。

この時期の山茶花は、花の種類が少ない中、彩りがいただけるので

ありがたい存在です。

写真を撮りに行きたいですが・・・・・・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2010-11-28 08:56
>よしさん、こんにちは。

いつも新しい視点、ありがとうございます。

露に濡れた白花、ある種の艶めかしいものがありますね。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    こめ粉パン 配合⑤ ⑥ ...         散紅葉 >>