2010年 10月 30日

   グランパピエ 創刊3号

総合文芸誌 『 グランパピエ 』 3号 に、縁ありて、まほろばの写真俳句が4点載ることになりました。
まほろばの写真に、なにかしらの”まほろば流の風”を、俳句に、なにかしらの”ほっこり”を
感じていただいて、掲載のお話がありました。

妻に話したところ、妻は当初”怪しげな話では?”と言っていました。しかし、HPなどを検索して
また、2号を送っていただき、真摯に企画されている雑誌だと思えるようになり、当初の迷いなど
は消えていきました。

俳句を皆さんに教えていただきながら、素人俳句を3年ほど続けて、このご縁をいただきました。
ありがたいことです。これからも、まほろば大和の写真をゆったりと撮り続け、素人俳句を添えて
いきたいと思います。

『 Grand Papier 』 は、流れをうつす一枚の紙。   459



b0161171_9195918.jpg




この栢森や八釣に立てば、まほろばの明日香と思えるところ・・・・・・・
人影もなく物静かな明日香に癒されます。

 
       秋気澄むここまで来ればわが明日香
       ☆俳句の文字色を 中黄 色 にしてみました


       ☆栢森にて       < 遠山に日の当りたる枯野かな   高浜虚子 >
b0161171_20594779.jpg




       ☆八釣にて      ( 冬大根が待ち遠しい! )
b0161171_2121431.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-10-30 12:08 | つぶやき | Comments(8)
Commented by yoshiyoshi at 2010-10-30 12:33 x
そうですか、それは良かったですね
恥ずかしながらその雑誌は聞いたことも見た事もなくて
誠に申し訳もございません
まほろばさんの絵は何しろいいですもの
心よりお祝い申し上げます。
Commented by かずさん at 2010-10-30 14:39 x
掲載おめでとうございます。
自分の言葉が活字になるのは、気持ちの良い物ですね。

言葉マガジン「グランパピエ」ですか。
創刊3号でどんな記事を載せていくのかよく分かりませんが、
言葉を大切にしたいというコンセプトのようですね。


Commented by マイルド at 2010-10-30 21:05 x
こんばんは。

ご心配頂ありがとうございました。
それなりに生活をしてはいるのですが
何故か気持ちが向かずといったところでした。

今日は、シクラメンを買ってきて鉢植えにしました。
あ・・・この季節かと思いつつ。

文芸誌に掲載となりましたか!おめでとうございます。
これからの励みになりますネ。
写真と俳句で掲載されるんでしょうね。
どの写真俳句か楽しみにしたいです。

それでは良い週末をお過ごしください。
Commented by 鎌ちゃん at 2010-10-31 07:12 x
おはようございます。
そして、おめでとうございます!!
まほろばさんの写真俳句なら納得ですよ。
地域に根付いた、写真と俳句が、心を捉えたのでないですか。
楽しみです。

「秋気澄むここまで来ればわが明日香」
今日の作品なんか、まさに、”まほろば流の風”、”ほっこり”ですよ。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-10-31 11:33
>かずさん、こんにちは。

仕事で、まほろばの活動が活字になるのは慣れていますが
趣味の世界で活字になるのは、はじめてです。

Commented by mahoroba-shahai at 2010-10-31 11:34
>よしさん、こんにちは。

まほろばも、全く”グランパピエ”を知りませんでした。
だから怪しげなお誘いだと思っていましたが、真面目な雑誌だと
わかり、安堵しています。

俳句をはじめてほぼ3年、これもかずさんをはじめ、皆さんの
お陰だと感謝しています。

Commented by mahoroba-shahai at 2010-10-31 11:36
>マイルドさん、こんにちは。

気温が下がり続けているときは、体調不良になるまほろばで
気力がかなり低下しています。
ちょっと元気になるたよりでした。
 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-10-31 11:40
>鎌ちゃん、こんにちは。

明日香の写真を以前から撮っていて、そのこにまほろばの想いを
俳句でと考えて、俳句をはじめました。
俳句をはじめてもう!3年になるんですね!
ひとりで俳句を学んでいたら、とっくにやめていたことでしょう。
これも、鎌ちゃんさんや皆さんのお陰だと感謝しています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    師匠 JM氏         黄色い杜鵑草 >>