2010年 08月 06日

   里山の恵み

藤原京跡の蓮を撮影して、車で数分で行ける小さな蓮田(2枚)へ移動しました。
ここは香具山の麓で、蓮田の片側が林になっていて、蓮は木陰からの爽やかな
風の恵みをいただいて、8月になってもいたって色香があります。
蓮の背景が暗くなっていますから、藤原宮跡のように遮るものがない蓮田とは
趣が違います。撮影に出遅れた者にとって有り難い里山です。   430
  
 
     清澄の色香仄かに蓮の里
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
 
     地の花は生まれ変りぬ秋日和
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました
  
  
b0161171_16595029.jpg

 
b0161171_1731096.jpg




b0161171_173334.jpg

 
b0161171_1734858.jpg

 
b0161171_174972.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-08-06 18:17 | 明日香 | Comments(6)
Commented by マイルド at 2010-08-06 20:53 x
こんばんは。

ふぉ~!!!ですね。
光線がすごく生きていますネ!!
流石です。


Commented by yoshiyoshi at 2010-08-07 06:25 x
地の花は生まれ変りぬ秋日和      よし
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-07 14:34
>マイルドさん、こんにちは。
写真を気に入っていただき、ありがとうございます。
藤原京跡の蓮を撮り終えるころは日が少しでていましたが、香具山の蓮田は
まだ光が十分にまわっていない状態で、撮影中に日が差し込んできました。

昨日の夕方から、急に大粒の雨が降ってきました。
局地豪雨に近い状態で、気温がだいぶ下がり、過ごしやすい夜になり
エアコンもいれないですみました。ありがたいことです。
 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-07 14:38
>よしさん、こんにちは。

”秋日和”ということは、俳句の世界では、今日から”秋”ですか!
まだまだ暑い日々が続きますが、頑張りたいと思います。
 
Commented by 幢舟 at 2010-08-08 19:00 x
まほろばさん、こんばんは。

  清澄の色香仄かに蓮の里  まほろば

この深みのある蓮の花の色は、まほろばさんにしか出せませんね。

レンズor腕

もちろん腕ですね♪
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-08 19:58
>幢舟さん、こんにちは。

友人が、まほろばに対して ” お前は、いつもいつも道具から入る!! ” と言います。
道具を揃えてしまいますと、なんか!安心してしまいます。
この癖は、永遠に変わらないと・・・・・・・・・
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    黄花コスモス         藤原京の大慈 >>