2010年 08月 05日

   藤原京の大慈

数年前から、橿原市の広報に藤原京跡の蓮田を紹介していましたが、比較的近いにもかかわらず、
一度も行ったことがありませんでした。
旬はやや過ぎましたが(7月上旬が旬?!)、時間的余裕もできましたので撮影してきました。
日の出前から撮影しはじめていましたら、大阪の方もこられて一緒に・・・・・・
朝陽のあたり具合を気にしながらの撮影で、久々に”撮影”というものを楽しみました。 

蓮田の面積は一反ほどあり、中国古代蓮をはじめ11種類の蓮が栽培されていて、藤原京跡の
敷地内にあります。
また、柵もありませんし、入場料もいりません。だからこそ、その場の環境を大切にしたいです。   429
 
  
     藤原の大慈の小径蓮あまた
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました

     藤原の角の地蔵も汗をかき
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました
 
 
       ☆写真をクリックすると大きくなります
       ☆香具山、その奥の多武峰
b0161171_14493264.jpg
         
  
       ☆畝傍山、その奥の葛城山 
b0161171_18321762.jpg

 




b0161171_0131191.jpg

 
b0161171_1832535.jpg

 
b0161171_18332813.jpg

 
       ☆畝傍山、その奥の葛城山  
b0161171_18345847.jpg

 
b0161171_18353374.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-08-05 08:01 | 橿原 | Comments(8)
Commented by 鎌ちゃん at 2010-08-05 09:42 x
お早うございます。
「藤原の大慈の径に蓮あまた」
確かに、旬を過ぎていますので、散りかけたものあり、枯れたものあり、
今が盛りのものありで、藤原京跡にふさわしい栄枯盛衰を感じさせますね。
それにしても、一枚目の蓮の、何と気品ある美しさだろう。
かつては、この都も、このように華やかだったのでしょうね。
Commented by マイルド at 2010-08-05 17:35 x
こんにちは、まほろばさん。
良い色が出ていますね!気品さへ感じ思わず手を合わせてしまいそうです。

奈良の蓮は、葉より高い位置に花が多くありますね。
こちらは葉の方が高くて花が葉に埋もれています、今年は特に。
また今年は花が極端に少なかったです。

どうぞ涼しくされてお過ごしください。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-06 09:42
>鎌ちゃん、こんにちは。

藤原京跡にまつわる栄枯盛衰
新しい視点、ありがとうございます。
みなさんからいただく視点はありがたいです。

1枚目の写真、気に入っていただき安堵しました。
 

 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-06 09:47
>マイルドさん、こんにちは。

近いのだから、7月中に撮影すればよかったと思います。
しかし、そのころだと人が多くて、背景に人影が入って
しまいますね。

葉の上に花が咲いていますと、撮影しやすいですね。
 
Commented by yoshiyoshi at 2010-08-06 14:28 x
藤原の角の地蔵も汗をかき      よし
Commented by 幢舟 at 2010-08-06 17:17 x
まほろばさん、こんにちは。

藤原の大慈の径に蓮あまた  まほろば

まほろばの国に咲く蓮華。

神々しいですね。

特に三枚目の写真は、過去、現在、未来を示唆してようで、強く惹かれました♪
Commented by まほろば at 2010-08-07 14:20 x
>よしさん、こんにちは。
新しい視点、ありがとうございます。

夜明け前は若干涼しいですが、日の出と共に蒸し暑さが増してきます。
明日香にはお地蔵さんがたくさんあります。
この酷暑に良く耐えていると思います。
 
Commented by まほろば at 2010-08-07 14:23 x
>幢舟さん、こんにちは。

三枚目の写真を気に入っていただき、ありがとうございます。
過去、現在、未来が含んでいるという視点、ありがとうございます。
この時期の蓮だからこそ、撮影できたんでしょうね。
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    里山の恵み         ラジオ少年 >>