2010年 06月 17日

   阪田と稲渕の棚田

祝戸(明日香)の東側に隣接する大字”阪田”を散策していましたら、コの字をしたかわいい棚田を
見つけました。この日はあいにくの曇り空で代かきも不完全な状態でしたが、今では田植えもすみ、
夏の青空が、植田に映っていることでしょうね。   422
 
 
     阪田にもコの字にくねる夏の空
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


       ☆阪田にて (写真の左角の大字が祝戸)
b0161171_20233367.jpg
 

       ☆稲渕にて (定点観察 祝戸や阪田の方を望む)
b0161171_20223836.jpg




       ☆稲渕にて (定点観察 祝戸や阪田の方を望む)
b0161171_20243783.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-17 10:29 | 明日香 | Comments(10)
Commented by yoshiyoshi at 2010-06-17 18:09 x
あくまでも雨に負けない虎耳草(ゆきのした)           よし
Commented by マイルド at 2010-06-17 21:44 x
こんばんは。
一枚目の田、珍しいですね!でもすごい!!!作られる方も大変でしょうが・・・
二,三枚目の写真で阪田の位置がほぼ解りました。

二,三枚目和みますね。
三枚目の写真は多分あそこだと。
木が切り取られていますよネ。
懐かしい風景、有難うございました。

今週はもう一日です。良い週末をお迎えください。
Commented by 鎌ちゃん at 2010-06-18 11:25 x
こんにちは。
「 阪田にもコの字にくねる夏の空 」
明日香の棚田というと、これまでのご紹介で、稲渕をイメージしましたが、
阪田のこれはすごいですね。
まさにコの字で、珍しい景観です。
また、行って見たいところが一つ増えましたよ。
Commented by 幢舟 at 2010-06-18 19:58 x
まほろばさん、こんばんは。

    阪田にもコの字にくねる夏の空   まほろば

昔の人は、地形をうまく利用して、少しでも多く収穫できるよう知恵を働かせたのですね。

無駄遣いのあげくに消費税を上げようなどと言出す政治家に、この棚田を作った農民達の爪の垢を煎じて飲ませたい! ですね♪
Commented by まほろば at 2010-06-19 08:51 x
>よしさん、おはようございます。

いつも新しい視点、ありがとうございます。
やっと梅雨らしくなりましたが、局地豪雨が心配になる季節にもなりました。
 
Commented by まほろば at 2010-06-19 08:54 x
>マイルドさん、こんばんは。

散策していますと、明日香にはまだまだありますね!
これからも珍しい風景をアップしたいと思います。

このときは、まほろばとほぼ同じところからこられた方とお話をする
ことができました。年齢的に、ちょうどマイルドさんと同じでした。
 

Commented by まほろば at 2010-06-19 08:57 x
>鎌ちゃん、おはようございます。

祝戸から隣接するところに、このような風景が広がっていました。
この角度からの風景が一番素晴らしかったです。

Commented by まほろば at 2010-06-19 09:00 x
>幢舟さん、おはようございます。

できるだけお米の収穫があるように・・・・・
効率的に作業ができるように・・・・・・

民間は、もう!これ以上に改良できないぐらいに工夫していますね。
また、そこに美しさが伴っているところに素晴らしさがあります。
 

Commented by snowdrop at 2010-07-06 09:00 x
今年の蒸し暑さは格別ですね。
水を張った田の風景に心洗われるようです。
なんだか馬蹄形にも見えますね。
「棚田」みたいな名称が生まれないでしょうか。
「馬蹄田」とか…ばてた?
どこの国も農家の方々は大変ですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-08-02 20:16
>snowdropさん、こんにちは。
暑い日々が続いていますが、お元気ですか!

ここの棚田は、ほんとうに”馬蹄形”をしていますね!
言っていただいて気づきました。
秋になったら稲刈りの光景を撮影したいと思います。
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    八釣の麦秋         八釣のさなぶり >>