2010年 06月 13日

   八釣の苗代(なわしろ)

4月下旬、田の苗代に発芽した稲の入った苗箱を置き、ビニールシートをハウス状に
かけて苗代を覆い、特に山里では冷え込みに気をはらいます。また、潅水にも注意
しながら苗の成長を見守り、ビニールシートの除去の時期をうかがいます。

6月に入れば、田植えができるように、トラクターを使って土を細かく砕いてかき混ぜ、
土を平らにする ” 代掻き(しろかき) ” を行います。この ” 代掻き ” では、肥料も
同時に混ぜ込み、水漏れを防ぐために畦も整備します。

一連の準備が完了して田植え本番のはじまりです。   420

 
     代掻きの山の里ただ待つばかり
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


b0161171_21123711.jpg

 
b0161171_2113635.jpg




b0161171_209886.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-13 21:13 | 明日香 | Comments(6)
Commented by 幢舟 at 2010-06-13 16:48 x
まほろばさん、こんにちは。

手入れの行き届いた苗床を拝見して、苗運びを手伝った子供時代の想い出が甦ってきました♪

   代掻きの山里ただ待つばかり  まほろば

農家の方々の豊作への願いが、ひしひしと伝わってきます。

Commented by まほろば at 2010-06-14 17:58 x
>幢舟さん、こんにちは。

いつもの八釣を通りかかったときに、いつもの民家を取り入れて写真を撮りました。
まほろばの定点観察のところの写真です。

何度も通っていますが、いろいろと新しい発見があり、楽しみが増してきます。
今年も豊作であることを願っています。
 
Commented by マイルド at 2010-06-14 21:33 x
こんばんは。
今日は久しぶりに気負って草刈りをしましたが
ぐったりです。<(_ _)>
変化をと思っているのですが・・・

きれいな苗代ですね。
こちらも昨日あたりから田植えの準備が始まっているようです。

写真のスコップは解るのですが
横にある赤いものは何に使うのでしょうかネ。
何はともあれ、緑は目によいですね(^_^)

Commented by mahoroba-shahai at 2010-06-15 06:26
>マイルドさん、おはようございます。

今朝は曇り空で、今にも雨が降りそうです。

いつもの八釣での撮影です。
八釣はありがたいところです。

苗箱を田土から離すときに使うのではないでしょうか?!
 
Commented by 鎌ちゃん at 2010-06-15 09:13 x
お早うございます。
「代掻きの山の里ただ待つばかり」
苗代作り、代掻き、畦塗り・・・・どれもこれも、遠い子供の頃の農作業を思い出させます。
さすがに、畦塗りだけは経験しませんでしたが、他は全部経験しました。
故郷の田植えは早いです。
まだ、遠くに雪を見るころから、冷たい田んぼに入っての作業、辛かったな~~。
でも、今では、それらすべてが、大切な心の財産になっています。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-06-15 18:04
>鎌ちゃん、こんばんは。
辛かったが、今となってはいい想い出になっているんですね!

奈良の田植えは6月上旬からはじまりますが、奈良の山間地では5月上旬からはじめります。
それほど盆地の温度などは安定していて、稲作は穏やかに進んでいきます。
昔は盆地ですから水が不足してため池が活用されていました。水の争いが絶えなく、村同士
あるいは村内でいざこざがありました。現在は吉野分水が利用できますので、いつでもふんだんに
水が使えます。実に安定した稲作が・・・・・・・
 

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    八釣のさなぶり         五月晴 >>