2010年 05月 24日

   札の辻

古い街並みの ” 札の辻 ” が全国的に散在しているように思いますが、八木町内
にも ” 札の辻 ” と ” 井戸の辻 ” があります。

この地点は、古代から幹線道路、「横大路」と「下ツ道」の交差点にあたり、横大路は
東西に走る道で、30~40mもの幅の道だと判明していて、難波津から竹内峠を越え
藤原京につながる官道で、いわば現代の国道1号線に該当する道でありました。

下ツ道の北端は平城京の朱雀大路になり、平城京の条里制の基準になった道でも
あります。また、南に行けば高取を経て吉野・熊野に至る幹線道路でもありました。

近世にになって高札のかかる場所として ” 札の辻 ” と呼ばれるようになり、現在に
至っています。 

この平田家は 札の辻 を挟んで、東西に2棟あり、西国名所図絵正面に描かれている
旅籠で、二階は昔のまま残っています。明治には多くの会合の舞台となりました。 

まほろばにとっても特に想い出のある辻でもあります。   411

   
     絡み合う縁の坩堝夏に入る
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
       ★縁(えにし)

     河辺には葦原雀誰か呼ぶ
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました 
 
  
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_20441962.jpg
 
 
b0161171_21584651.jpg




b0161171_20443343.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-24 19:41 | 橿原 | Comments(10)
Commented by yoshiyoshi at 2010-05-24 20:36 x
「札の辻」、 東京の京浜第一国道にもありますねぇ

河辺には葦原雀誰か呼ぶ     よし
Commented by 鎌ちゃん at 2010-05-24 23:10 x
今晩は。
「絡み合う縁の坩堝夏に入る」
うわ~~、このようなレトロな町並み大好きなんですよ。
” 札の辻 ”・・・・この ” 辻 ”という響きも、今や、もうレトロですよね。
いつの間にか、赤い郵便ポストも懐かしい存在になってしまいました。
青春の意気に燃えた、団塊世代も、もうレトロなのですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-25 17:44
>よしさん、こんばんは。
”札の辻”という呼び方は、今なお全国に残っていて、ちょっと嬉しくなります。
わが町にも残っていまして、想い出もたくさん残っています。
 
 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-25 17:48
>鎌ちゃん、こんばんは。
残しておきたい風景を探して、カメラに収めようと町内をうろついています。
町内の再発見にもつながりますし・・・・・・・

想い出のある懐かしい街並み探して、アップしていきたいです。
 
Commented by 幢舟 at 2010-05-25 22:02 x
まほろばさん、こんばんは。

絡み合う縁の坩堝夏に入る  まほろば

我が「難波津」から「藤原京」への幹線街道だったそうですが、昔は、さぞや賑わった辻
だったのでしょうね。

この旅籠は、今でも営業されているのですか?

Commented by 雪うさぎ at 2010-05-26 03:05 x
こんばんは♪
明日香、いいですね・・憧れなんですよ。
もう一度行きたいと思いつつ、なかなか機会がありません。
「札の辻」、時々行く川越(埼玉県)にもあります。
やはり古い町並みが、その名によく合っています♪
Commented by まほろば at 2010-05-26 07:04 x
>幢舟さん、おはようございます。

飛鳥時代の大阪は、今とは違う地形をしていたと知り
その意外性に驚きました。

この旅籠は、現在、営業されていませんが、室内は
保存されているということです。
 
Commented by まほろば at 2010-05-26 07:07 x
> 雪うさぎ さん、おはようございます。

”札の辻” 特集をしたら面白いですね!
どれだけの写真が集まるんでしょうか?!

ここには、想い出が詰まったところでもあります。
 
Commented by マイルド at 2010-05-26 16:00 x
こんにちは、まほろばさん。
5月も26日ですが春らしくないこのお天気は一体どういう事でしょうか?
最高気温が22度と少し肌寒くもあります。

建物の背景を知るとまた楽しくなりますね!
こちらでは今、芸術家のアトリエを回る企画が催されています。
この田舎の狭い中に16名もの芸術家の方々が移住されてきています。
お天気になれば訪ねていきたいと思っています。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-26 20:17
>マイルドさん、こんばんは。
今日はむしろ寒かったです。
この歳になりますと、体を温める服装を積極的にしましたよ!

アトリエの報告を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
京都も、芸術家の方々が移住しているという話を聞きます。
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    鳩の国         JR畝傍(うねび)駅 >>