2010年 05月 04日

 明日香・栢森 命ある風

子供の日が近づいていますが、ここ明日香最奥の里・栢森では、鯉幟は稲渕より多く
あがっています。
次の時代を担う赤子を、山里あげて祝っているのでしょうね。
今年からは、栢森の入り口に真新しい鯉幟が力強い風をふくみて清々しく揺らいでいました。   402
 
 
       山里の命ある風夏近む
       ☆俳句の文字色を 若草色 (わかくさいろ) にしてみました

       その風で腹の満ちるや鯉幟
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました

       家々の緋鯉真鯉の競ひあふ
       ☆幢舟さんから新しい視点をいただきました
 
 
b0161171_5424441.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 

 
  

b0161171_5435161.jpg

 



b0161171_545085.jpg

 
b0161171_5455848.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-04 06:59 | 明日香 | Comments(8)
Commented by yoshiyoshi at 2010-05-04 07:09 x
その風で腹の満ちるや鯉幟        よし

Commented by 鎌ちゃん at 2010-05-04 09:23 x
お早うございます。
「山里の命ある風夏近む」
街中では、このような勢いのある鯉のぼりは見ることが出来ません。
田舎へ行くと、子供たちが、純朴で、逞しく見えるのは、鯉のぼりに育まれたからでしょうか。
少子高齢に悩む山里の方々の、子供への期待の大きさが、鯉のぼりに表れていますね。
Commented by マイルド at 2010-05-04 10:51 x
お早うございます。
ご心配をおかけ致しましたが元気です(^_^)
紫蘭、無事に移植完了しました。

山里全体が祝ってあげるって羨ましいですね。
山里も息づくことでしょう。
「山里の命ある風夏近む」納得です。
Commented by 幢舟 at 2010-05-04 18:57 x
まほろばさん、こんばんは。

   山里の命ある風夏近む まほろば

まさに躍動する命そのものですね。

村中の家に鯉幟が泳いでいたあの時代は、またやって来るのでしょうかね〜。

  家々の緋鯉真鯉の競ひあふ 幢舟
Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-04 20:01
>よしさん、こんにちは。
いつも新しい視点、ありがとうございます。
栢森には、昔ながらの鯉幟が力ある風をふくみ
大空をたくさん泳いでいます。
 

Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-04 20:04
>鎌ちゃん、こんばんは。
青空と萌黄色の裏山、そして力ある風と鯉幟
久々に気持ちよかったです。
 

Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-04 20:08
>マイルドさん、こんばんは。
安堵しました。
あくまでもいつもの自然体ですね。

紫蘭、ほんまに紫ですから・・・・・
咲き始めが撮影チャンスでしょうか?!

村民の数が減っているからこそだと思います。
 

 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-05-04 20:11
>幢舟さん、こんばんは。
稲渕も良いですが、栢森もいいところでしょう!
ここ数年、通い始めて味わうことができるようになりました。
まほろばの瞼に残る”ぶるさと”でしょうか!
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    開かずの便利屋         八釣のそよ風 >>