2010年 02月 24日

   稲渕の白梅

久しぶりに稲渕の棚田へ行ってきました。その棚田の峠あたりに古木の梅があり
七分咲き程度ですが、良い香りがしていました。
棚田の向こうの山頂には、紅葉で有名な談山(たんざん)神社があります。    369


     翠青の神山ありて梅しずか
       ☆俳句の文字色を 勿忘草色 (わすれなぐさいろ) にしてみました


      ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_17355623.jpg

 
b0161171_17461792.jpg





b0161171_17364954.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-02-24 06:58 | 明日香 | Comments(2)
Commented by 鎌ちゃん at 2010-02-24 09:07 x
お早うございます。
「翠青の神山ありて梅しずか」
梅って、案外撮るのが難しいと思うのですが、
さすがまほろばさん、お見事です。
稲渕の梅と聞いただけで、神性を感じるから不思議ですね。
「梅しずか」・・・・穏やかな、稲渕の里を思い出しています。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-02-24 19:23
> 鎌ちゃん、こんばんは。
”稲渕”効果が効きましたね。
これから”稲渕”の文字を入れたいと・・・・・

ここからは棚田を見下ろすことができ、古木の梅が
そっと咲いています。
ここの向こうの山との遠近感が好きなんです。
 
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    小梅         仏の座 >>