2010年 03月 01日

   沈丁花

2月下旬ごろから気温も上がり春らしくなり、今日はもう3月1日になりました。
ここの里山の畦には木蓮と沈丁花だけがあるだけですが、沈丁花の蕾は
ゆるやかにほころびはじめました。
里山のこの清澄な空気感をお届けしたくて・・・・・・・・・   372


     学舎に寄せる一文沈丁花
       ☆俳句の文字色を 黄檗色 (きはだいろ) にしてみました
       ☆学舎 ( まなびや )

     沈丁花 学舎遠くなりにけり
       ☆鎌ちゃん さんから新しい視点をいただきました


      ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_11555155.jpg


b0161171_1158358.jpg
 



b0161171_17255083.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-01 17:13 | 明日香 | Comments(6)
Commented by dezire at 2010-03-01 18:52 x
素敵な写真をいつも楽しみにして拝見しています。ピントの位置が絶妙ですね。
私もブログに厳冬期の八ヶ岳連峰の写真を載せましたので是非見てください。
よろしかったらブログの中に書き込みして下さい。
何でも気軽に書き込んでください
Commented by 鎌ちゃん at 2010-03-01 22:37 x
今晩は。
「学舎に寄せる一文沈丁花」
沈丁花の膨らみ、当地でも見かけるようになりました。
沈丁花に、懐かしい学び舎を思い出されているのでしょうか。
どんな一文字を寄せられたのでしょう。
「沈丁花 学舎遠くなりにけり」
小学校も、中学校も、高校も、新築・移築され、かつての面影はなくなってしまいました。
Commented by 幢舟 at 2010-03-01 22:44 x
まほろばさん、こんばんは。

学舎に寄せる一文沈丁花 まほろば

背景のボケ味がいいですね。

沈丁花は、咲くとその匂いで存在が分かるのですが、このような蕾だと、まだ匂いは強くないでしょうね。

「学舎」

卒業シーズンにぴったりの措辞ですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-03-02 18:58
>dezireさん、こんばんは。
ありがとうございます。
やはりレンズのお陰だと感謝しています。

雪山の風景は奈良盆地では見ることができませんので
楽しみにしています。
 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-03-02 19:03
>鎌ちゃん、こんばんは。
新しい視点、ありがとうございます。

これから卒業式のシーズンですね。
若い頃でもあり、夢や希望がいっぱいありましたね。
もう戻ることはできませんが、あのころを少しでも
思い出したいです。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-03-02 19:05
>幢舟さん、こんばんは。
これから卒業式のシーズンですね。
卒業するときに文集などを作ったことを思い出しました。

沈丁花の香りは、なぜか?青春のころを思い出す香りなのです。
 

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    犬ふぐり         菜の花 >>