2010年 01月 21日

   南淵請安の墓

明日香の稲渕には有名な棚田が広がりますが、稲渕の村の高台に塚があります。
その名は神明塚といい、この塚は南淵請安 ( みなぶち の しょうあん ) の墓 です。
南淵請安は百済人系の僧で、推古天皇 ( 厩戸皇子・蘇我馬子の全盛期 ) のとき、608年遣隋使として
小野妹子らに従い留学したひとりです。32年ぶりに帰国してからは、周孔の教え・唐の文化などを私塾で
教え、中大兄皇子や中臣鎌足もこの私塾で学んだという。   345

       ☆中臣氏の一族で初期の頃には中臣 鎌子(なかとみ の かまこ)と名乗っていたが、
         その後 中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)に改名
       ☆稲渕という地名は、古代では南淵


       時に遇い時節めぐりて冬の景
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました

       猟銃の音に続ける犬の声
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
  

       ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_22242882.jpg



       ☆画像の中段右、丘の上に墓があります
b0161171_2229826.jpg



       ☆写真をクリックすると大きくなります (2007年4月6日 撮影)
b0161171_22403477.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-01-21 06:00 | 明日香 | Comments(8)
Commented by マイルド at 2010-01-20 21:36 x
こんばんは。

同じ場所での雪景色と桜の春!どちらも好きですが
出来れば早く春になって欲しいですね(^_^)
今日は春のような暖かさでした。

余計なことですが・・・PCの時計一日早く設定しておられません?
私も最近は日付と曜日が曖昧になっていますが・・・
Commented by 鎌ちゃん at 2010-01-20 21:41 x
今晩は。
「時に遇い時節めぐりて冬の景」
>稲渕という地名は、古代では南淵・・・・・
>南淵請安 ( みなぶち の しょうあん ) の墓 ・・・・
そうだったのですか。
明日香の地名は、それぞれに、歴史の重みを含んでいるんですね。
私の好きな稲渕の地が、ますます重きを成すようになってきました。
Commented by 凡比 at 2010-01-21 21:31 x
南淵請安の墓
遣隋使として32年も異国にいたのですね
>中大兄皇子や中臣鎌足もこの私塾で学んだという。
ここに目がいきました 壬申の乱などが浮かびますが
時代を作る人を教えた塾の師なんですね
雪の中にいい雰囲気ですね
遣隋使と関連して思ったのですが 下の蝋梅は唐からの渡来植物とありました
遣唐使らが持ち帰ったのでしょうか たいそうたくさんの蝋梅ですね
自生しているのですか それとも元々庭木だったのでしょうか
ずいぶん大木ですね 無知な質問ばかりですみません

Commented by yoshiyoshi at 2010-01-22 02:14 x
猟銃の音に続ける犬の声         よし
Commented by mahoroba-shahai at 2010-01-22 17:51
>マイルドさん、こんばんは。
PCの時計正確に・・・・・
これは、あえて予約登録をしていました。

もうすぐに春がきますので、もうしばらくの我慢ですね。
 
 
Commented by mahoroba-shahai at 2010-01-22 17:54
>鎌ちゃん、こんばんは。
稲渕は棚田もありますし、南淵請安のお墓もありますし・・・・・・
明日香はどこへ行ってもそれなりの風景写真が撮れます。
ですから飛鳥の歴史を知りたくなりました。
 
 

Commented by mahoroba-shahai at 2010-01-22 18:02
>凡比さん、こんにちは。
2次の遣隋使で行きましたが、中国に留学中に、随から唐(618年)へと
国が変わり、激動の中国を経験されたんですね。

蝋梅は、確かに唐の時代に日本へやってきた植物らしいです。
やはり、このころに来たのでしょうか。

小川沿いに、蝋梅がたくさん植えられてあります。古木ですから、随分と
前からあるのでしょうね。
 
 

Commented by mahoroba-shahai at 2010-01-22 18:08
> yoshiyoshi さん、こんばんは。
いつも新しい視点ありがとうございます。
ここもイノシシに畑が荒らされて困っています。
しかし、自然環境が荒れてイノシシも困って・・・・・
 
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    高家の蝋梅 (3)         八釣の蝋梅 (2) >>