2010年 01月 19日

   八釣の蝋梅 (1)

明日香の八釣 ( やつり ) の里は、蝋梅の里・・・・・・・
いつ行っても心を癒してくれるところです。大概は独りで撮影しているのですが、
この日は、ある方と一緒にのんびりと明日香の見所などを語り合いながら歩きました。
八釣の蝋梅は、まさに今が旬 です。   343


       たゆたいて蝋梅ゆかし八釣かな
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました


       渋柿のたわわに残る明日香道

       蝋梅の透けし彼方の屋敷跡
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました
 
 
b0161171_122526.jpg


b0161171_11561669.jpg

 
b0161171_11545824.jpg






b0161171_1773447.jpg


b0161171_11551915.jpg


b0161171_11543041.jpg


b0161171_11563821.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-01-19 06:02 | 明日香 | Comments(2)
Commented by 鎌ちゃん at 2010-01-19 09:00 x
お早うございます。
「 たゆたいて蝋梅ゆかし八釣かな」
「明日香」とか「八釣」とか、使われているだけで、句が生きてくる地名ですよね。
やはり、国のまほろばたる地の重みがあります。
ですから、そこに咲く蝋梅となれば、これもまた趣も増そうというものです。
本当にいいところですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2010-01-19 19:16
> 鎌ちゃん、こんばんは。
あすか、やつり、いなぶち、あまかし、たちばな、いしぶたい、など数多く・・・・・・・・
皆さんがご存知なので、まほろばはとても助かります。
でも、車で10分程度のところに明日香があるので、これからも
時間があれば写真を撮りに行きたいです。
 
 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    八釣の蝋梅 (2)         栢森の女綱 >>