2009年 07月 06日

   蓮華の座 03

場所は天の香具山の西側、ただ青田だけがあるだけで、
民家も近くにはありません。
朝の6時半ごろから8時過ぎまで、気温もさほど上がらず
爽やかな環境の中で、独りで黙々と撮っていました。
絞り値、カメラの位置などいろいろと変えながら撮影して
いますと、まわりのことなど全く気になりませんでした。
まほろばの時間は止まっているかのような・・・・・・・   295 s


       早朝の迷い知らずの蓮華の座
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました


       優しきは蓮の台(うてな)の風なりき
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました
       ☆妻から聞きましたが、ウテナ化粧品(utena)の”ウテナ”だと・・・・・

       静寂と蓮華と吾とあるばかり
       ☆道州 さんから新しい視点をいただきました

       玉の緒に汗衫すずしき芙蓉姫

       真珠帯(たまのおび)きりり踏み出す舞妃蓮
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆snowdropさんから俳句をいただきました(2014-08-05)


b0161171_6142487.jpg

b0161171_1931397.jpg

b0161171_6155547.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-07-06 20:58 | 橿原 | Comments(14)
Commented by ぼたん at 2009-07-06 21:12 x
ハスの花は、何時見ても この世とあの世を結ぶ花・・・のように
思います。  真朱色・・・なんて素敵な色と呼び名・・・
この色の名前で、書いてみたいです・・・ よろしいでしょうか?
Commented by yoshiyoshi at 2009-07-06 21:12 x
Sonnar T*の色はやっぱいいわ。
いつも見事な描写ですね。
Commented by 凡比 at 2009-07-06 21:36 x
花はやはり朝がいいでしょうか
あちこちから眺めては花と向き合って
流れる時間はいつか古代の万葉の時代も
見えてくるような気がいたします
皇子や郎女の歌が思い出されるでしょうか
Commented by 鎌ちゃん at 2009-07-06 22:10 x
今晩は。
「おおらかに刻ながるるや蓮華の座   まほろば」
>ただ青田だけがあるだけ
>爽やかな環境の中で、独りで黙々と撮っていました
贅沢なひと時を過ごされたのですね。
6時半ごろからの撮影ですか。
この時間帯だと蓮の花も、元気に満ちているのでしょうね。

私なんか、そこまでの行動力、元気がありません。
9時ごろになって、やっと出かけて撮ってきました。
先ほど、たくさん撮った、蓮の写真の整理だけは終わりました。
Commented by ゆりあん。 at 2009-07-07 03:32 x
真朱色に惹かれて、おもわず。美事な写真の数々に、うっとりしています。
韓国の慶州は、奈良の風景に似ていると聞きました。日本の古代史に憧れますが、蓮の花は自分の憧れを象徴してくれたような気がします。
世界を廻るほど、日本の美しさが再確認されると聞きますが、特別な国に住んでいるのですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-07 19:50
> ぼたん さん、こんにちは。
明日香で、蓮の花を昨年探しましたら六カ所見つけました。
今年はまだ二カ所しか行っていませんが、時間があれば
撮影に行きたいと思っています。
”真朱色” 楽しみにしています。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-07 20:04
> yoshiyoshiさん、こんにちは。
今年は四季を通して、Sonnar T*の色を確かめる年でもあります。
しかし、ミノルタのSTFレンズも使いたいです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-07 20:07
>凡比 さん、こんにちは。
朝、しかも早朝だと風が吹いていないのです。
蓮のように重心が上にあるような花だと、少しの風でも
ゆらりゆらりと・・・・・・・
8時までが勝負だと思っています。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-07 20:11
> 鎌ちゃん、こんにちは。
朝の6時半ごろだと、奈良盆地に風が吹いていないのです。
この時とばかりにシャッターを押します。
また、光がやさしいので撮りやすいです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-07 20:13
> ゆりあん さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

明日香の近くに住むことができ、写真が撮れる有り難さを
ひしひしと感じています。
本当にありがたいことです。



Commented by 道州 at 2009-07-07 21:08 x
まほろばさん、こんばんは。

どうやったらこの色がでるの?

私も、ちょっと赤みがかった蓮の花を撮影してきたのですが、ここまでの赤にはなりません。

おおらかに刻ながるるや蓮華の座 まほろば

蓮池を独り占めしていると、まるで天界にいる気分になれるでしょうね。


静寂と蓮華と吾とあるばかり 道州

何度もいいますが、「羨ましいな〜」(笑)。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-08 05:59
>道州さん、こんにちは。
新しい視点、ありがとうございます。
いつも勉強になり、元気をいただいています。
ありがとうございます。

道州さんは確かニコン、まほろばはミノルタですね。
ただ、現像ソフトが影響しているのでしょうか?!
SILKYPIX Developer Studio Pro
一度、体験版ソフトで試されたらいかがでしょうか!
Commented by snowdrop at 2014-08-05 07:29 x
一枚目は蓮の雄蕊が開く前でしょうか?
真珠玉を連ねたようで印象深いです。

玉の緒に汗衫すずしき芙蓉姫

真珠帯(たまのおび)きりり踏み出す舞妃蓮

舞妃蓮とは
太陽の動きに反応して花弁が不規則に開閉する品種だそうですね。
名前の響きに惹かれて使ってしまいました。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-08-05 17:43
>snowdropさんへ

>一枚目は蓮の雄蕊が開く前でしょうか?
蓮の一番美しい瞬間でしょうか!
雄蕊はじきに開いてしまいますからね。

俳句、ありがとうございます。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    立葵         蓮 02 >>