2009年 07月 03日

   花石榴

学生のころ、公害に関心がありましたので、書籍や講演などから人一倍
勉強しました。

新日本窒素肥料(現在はチッソ)の歴史は古く、1906年に端を発します。
新日本窒素肥料は、当時水俣に君臨した日本のトップ企業で、技術的にも
優れたものがありました。ただ、工場廃液を無処理のまま垂れ流したことも
事実です。

1949年ごろから水俣湾で漁獲量げ激変して、1952年に初めての水俣病が
発症しました。
水俣に君臨する当時の会社に抗議することは”死”を意味することでもありました。
その後の会社、熊本県、国の住民に対する対応は、まさに権力による弾圧
そのものであったことは忘れることができません。

水俣病が発症してまもなく、会社の附属病院の医師が猫に廃液混じりの餌を
与えたところ病気になったことを確認しました。その事実を会社の経営者が
隠蔽したことも忘れることができません。
このとき、事実を隠蔽するための”御用学者”がいるということを知りました。

御用学者の身なりは良いが、庶民の側に立つ学者の身なりは質素そのもので
このとき、まほろばは世の中の妙なシステムを肌で感じました。   293 s


       水俣の影なき叫び花石榴
       ☆俳句の文字色を 緋 (ひ) 色 にしてみました


b0161171_6251711.jpg


b0161171_6253462.jpg




b0161171_626018.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-07-03 19:34 | 明日香 | Comments(6)
Commented by yoshiyoshi at 2009-07-03 21:52 x
水俣病の歴史ももう50年になるのですね、まさに権力の犯罪、
世界に知られる名前になりましたからね。
Commented by 鎌ちゃん at 2009-07-03 22:07 x
今晩は。
「水俣の影なき叫び花石榴  まほろば」
今日の経済発展の大きな負の遺産、水俣病、もう半世紀以上を経たわけですね。
今なお、その病気に苦しむ人は数多いとか。
>御用学者の身なりは良いが、庶民の側に立つ学者の身なりは質素そのもの・・・・
それは、政治の世界でも言えることかも知れませんね。
汚れたカネとは無縁で、手弁当で頑張っている政治家もいます。
真実を追究し、真実を語るものには、なかなか日があたらない世の中のようです。
Commented by マイルド at 2009-07-04 17:15 x
こんにちは、まほろばさん。
綺麗なザクロの写真ですね!緑と赤で
長いこと食べていませんが。

>世の中の妙なシステムを肌で感じました。
何時の世も同じですね・・・
この類は、どの世界でも同様でしょうネ。
寂しい限りですが・・・

今朝も何も考えず黙々と草刈り機を振り回しました。
自分の畑だけでなく少し周りまで刈り取りました。
今日も約三時間でしたが変な達成感を感じました。
これでワンクルーが終わりました。


Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-05 09:10
> yoshiyoshi さん、こんにちは。
1)我が子をお風呂に入れている母の切ない顔
2)会社の正門前で抗議している漁民の顔
3)株主総会で、お母さんの怒りを通り越した
  抗議する声と顔
生涯忘れることができません。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-05 09:13
> 鎌ちゃん 、こんにちは。
権力による弾圧を知って、学生の時に憤りを感じました。
一番弱い住民は結局切り捨てられると・・・・・・



Commented by mahoroba-shahai at 2009-07-05 09:16
> マイルドさん、こんにちは。
この石榴は明日香の最奥の里、”栢森”で見つけました。
空気が澄んでいるのか、とても鮮やかな色合いでした。
その他の花もとっても綺麗でした。
そのうちに機会があれば、アップしたいと思っています。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    蓮 02         はつ蓮 >>