2009年 06月 26日

   八釣の植田

明日香の八釣
ここは蝋梅の木々があるところでもあり、まほろばお気に入りの場所です。
折しも、この日は”父の日”、母と子による二人だけの田植えが行われていました。
父の姿はなく、どう?されたんでしょうか。
奈良盆地の田植えの時期は、6月上旬が基本で、2週間ほど遅いと思います。
ほぼ西にある畝傍山・二上山(二神山)は暖かく見守ってくれているように感じました。   288 s


       父なくも二神やさし植田かな
       ☆俳句の文字色を 勿忘草 (わすれなぐさ) 色 にしてみました

       母投げし早苗無言の子が植うる
       ☆道州 さんから新しい視点をいただきました


b0161171_1864592.jpg


b0161171_187339.jpg

 
 




b0161171_1872171.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-26 07:31 | 明日香 | Comments(8)
Commented by 道州 at 2009-06-26 14:56 x
まほろばさん、こんにちは。

先日と打って変わって、のどかな田植え風景ですね。

母投げし早苗無言の子が植うる 道州

まほろばさんのコメントから、淡々と進む田植えを想像しました。

あ、機械植えですから、投げないでしょうが・・・♪
Commented by yoshiyoshi at 2009-06-26 15:54 x
こんな田んぼでは乗用田植え機の元が取れるとは思えないのだが、
これがなくてはもう子供にもそっぽを向かれるからなぁ、
麗しき瑞穂の国の終焉も近い。
Commented by ぼたん at 2009-06-26 16:56 x
こんにちわ、道州さんがおしゃるとおり昨日とは打って変わった・・・
穏かな田植えですね。 昔・・テレビで 3ちゃん農業 と言うのを聞いた事がありますが、
お母さんと息子さんの農業・・・ 穏かな風景です。
Commented by 鎌ちゃん at 2009-06-26 22:26 x
今晩は。
畝傍山・二上山(二神山)に、優しく抱かれた八釣の里、
その懐での人々の穏やかな日常を思わせる、感動的なひとコマですね。
何もこれ以上のこと入らないじゃないですか、こうして平穏に時が過ぎていけば。
あ~~!!、明日香はやはり、私の心のふるさとです。
Commented by まほろば at 2009-06-26 23:37 x
> 道州 さん、こんにちは。
いつも新しい視点、ありがとうございます。
この場所、長閑でしょう!
しかも田植えが行われていたのでラッキーでした。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-26 23:55
> yoshiyoshi さん、こんにちは。
奈良は兼業農家が多いので、田植えの機械化はほぼ全体に広がっていて
稲刈りと脱穀は、農協に任せるケースが多いです。
田んぼが宅地化されて随分と減りましたが、これからも稲作が継続される
ことを願っています。




Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-27 00:32
> ぼたん さん、こんにちは。
奈良は大阪への通勤距離が短いことから、多くの方が大阪へ働きに
出かけます。ですから出稼ぎはほとんどありませんので、なにかが
あったと・・・・・・



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-27 00:35
> 鎌ちゃん 、こんにちは。
これからも穏やかな明日香を紹介できるように写真を
撮りに行きますのでよろしくお願いします。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    葉薊(はあざみ) アカンサス         棚田の大植田 >>