2009年 06月 14日

   紅枝垂

先日の正暦寺ですが、鮮やかな緑の境内で一際目立つ紅が輝いていました。
春先に紅色をした紅葉がありますが、”紅枝垂(ベニシダレ)”と呼びます。
その中で、”野村紅葉”という紅葉の名前を知っていますが、今回の紅葉は
”野村紅葉”でしょうか? 
夏になりますと葉緑素が増してきて、紅枝垂の紅の色合いは濁って精細を
欠きます。しかし、正暦寺はまだまだ・・・・・ 
< にっぽんのもみじ > ここには紅葉の種類をはじめ、芽吹き・春・夏・秋の
時の花の色まで紹介されています。素晴らしい!


       緑さしいきりは野村いきる紅
       ☆俳句の文字色を 猩々緋 (しょうじょうひ) 色 にしてみました
       ☆いきる <京ことば> 興奮する・調子にのる
              <大阪弁> いきがる
       ☆いきり <大阪弁> いきがる人


b0161171_4591032.jpg


b0161171_1956335.jpg




b0161171_2013070.jpg


b0161171_19563155.jpg


b0161171_19571549.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-14 12:58 | 奈良 | Comments(10)
Commented by yoshiyoshi at 2009-06-14 17:07 x
葉の色が濃紫(のうむら)なので、野村とは古人もなかなかやりおるわ。(笑)
Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-14 18:17
> yoshiyoshi さん、こんにちは。
濃紫なので野村、ほんまかいな?!というはなしです。
先ほど、草刈り・草引きをを終えて戻ってきましたが
暑さの中でよく頑張ったと、自分を褒めてやりたいです。
Commented by マイルド at 2009-06-14 18:29 x
こんにちは、まほろばさん。

草引きご苦労様でした。
私は今日は暑かったので草刈りは見逃しました。
でも次の週末は・・・

この時期にこの紅葉は目立つでしょうね!
Commented by 笹舟 at 2009-06-14 18:34 x
最初野村監督かと思いましたよ。
珍しい現象ですね。葉緑素が最初に作られるのですが。それがまだなんですね。
だからアントシアン系の色素が目立つのでしょう。
撮影のポイントを沢山お持ちで羨ましいですよ。
ボケが綺麗にでますね。フルサイズですか?
Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-14 19:34
>マイルドさん、こんにちは。
今日は暑かったですが、汗をかきながらの作業で水分を十分に
とりながら・・・・・
山寺の万緑の中、この紅色の葉に光があたり輝いていました。


Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-14 19:38
> 笹舟 さん、こんにちは。
野村監督、納得しました。
しかし、野村紅葉という品種があるんですね!
ここ正暦寺は山中にありますから、万緑の中
紅が冴えて輝いています。



Commented by 道州 at 2009-06-14 21:17 x
まほろばさん、こんばんは。

空の青ほのと匂うや栗の花 まほろば

雲一つない青空に浮かび上がる栗の花、その栗の花ではなく、空が匂うと表現されたところが素晴らしいですね。

緑さしいきりは野村いきる紅 まほろば

こちらは難解ですね♪

春に紅葉するモミジを紅枝垂と呼ぶとは知りませんでした。

緑一色の山にぽつりと紅がある景もいいですね。
Commented by ぼたん at 2009-06-14 21:34 x
今、紅色になる紅葉も初めてですし、 まるで苗字のような名前の紅葉も初めてです・・
紅葉って、秋のものだと思っていました。 本当に自然っておもしろいですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-14 21:49
> 道州 さん、こんにちは。
撮影していて、この角度だけが急に晴れてきました。
あのときは、こんなもありか!と撮影しました。
アップするときになり、青空の写真を1番にもってきました。

万緑の中の紅は良かったので、写真をパチパチ撮りました。
どのように俳句を作ってよいのか?わからないまま日々が
過ぎていきました。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-14 21:52
>ぼたん さん、こんにちは。
写真だけを撮ってアップしていたときは、そのアップのスピードについて行けず
俳句と関わりをもつようになり、四季を味わえるようになりました。
ありがたいことです。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    木下闇の鳩         花栗の香り >>