2009年 06月 05日

   薔薇 2

1846年にJenaで天体望遠鏡や顕微鏡などを製造しはじめた Carl Zeiss社 は、第二次世界大戦後、
アメリカとソ連との懸引きにより、東のCarl Zeiss Jena と 西のZeiss Opton に分断され、
東西ドイツ再統合されるまで、Zeiss社 は二つあったことになります。
Flektogon 35mm F2.8 (Carl Zeiss Jena社)では、製造時期の違うレンズを数本ほど愛蔵しています。

”ツァイス 激動の100年” <新潮社> 1995/08/30 を読みますと、レンズのレベルや思想の高さに
惚れ込んでしまいます。またCarl Zeiss社の悲劇も併せて理解することができます。  275 m
 

       薔薇の彩Jena匠の極みかな

       薔薇の彩薄幸Jenaの玉おもし
       ☆俳句の文字色を 薔薇 色 にしてみました
       ☆Jena (イエナ)


b0161171_21422883.jpg


b0161171_21424432.jpg




b0161171_2143488.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-05 19:25 | 明日香 | Comments(12)
Commented by ぼたん at 2009-06-05 21:19 x
レンズの事は、私は解りませんので夫ちゃんに聞きました。
二枚目の薔薇・・・・なんて美しいのでしょう・・ 前のボケた薔薇が、後ろの水滴に濡れた薔薇を生かしている・・と思いました。
写真の事は、解らないのですが、私が写真を見るときは 主役はどれ? 脇役は? エキストラは?
と、舞台をイメージします。 私なりの見方ですので、きっと違っていると思います。
Commented by 道州 at 2009-06-05 21:45 x
まほろばさん、こんばんは。

薔薇の彩Jena匠の極みかな まほろば

レンズの匠がJena社なら、まほろばさんはそのレンズの使い手のマジシャンですね♪

ここまでボリューム感のある写真は、私には、とてもとても・・・。


Commented by マイルド at 2009-06-06 07:54 x
おはようございます。

立体感のある良い写真ですね、もちろん色具合も。
ツアイスの歴史を知ると愛着が一層深まってきますネ。
有り難うございました。

こちらは、朝まで雨でしたが現在は朝日が射してきました。
良い週末をお過ごしくださいませ。
Commented by silvergray at 2009-06-06 11:57 x
おはようございます。
綺麗な黄色ですね。バラの状態がよいのか、それとも、ツァイスの特性もあるのでしょうか。
やっぱり、まほろばさんの巧みによるものでしょうね。
Commented by 鎌ちゃん at 2009-06-06 13:04 x
カメラの機種とか、レンズの機種とかには全く頓着しないので、何の話かと思いました。
そうですか、ここにもドイツの東西分断の影があったのですね。
このような歴史的背景を知りつつ持つレンズの重み、愛着度が違ってくるのでしょうね。
そうして撮られる写真ですから、当然、深みも加わってくるのですね。
勉強になりました。
Commented by yoshiyoshi at 2009-06-06 16:08 x
何にでも拘りがあるのはいい、
まほさんの世界はひとえに熟練の技があればこそだ、
倭性短小の今の世なればこそ、本物は光るような気がする。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 18:39
> ぼたん さん、こんにちは。
ありがとうございます。
そんなに深く考えて撮っていないです。
構図だけは考えて、レンズを選択したり、前に行ったり
さがったり・・・・・・



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 18:53
>道州 さん、こんにちは。
"英国製"・"米国製"・"日本製"ではなく "GERMANY" という言葉の響きに
心が引かれるまほろばです。
東ドイツJena社のレンズが”独製”の色合いの濃いような気がします。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 18:55
>マイルド さん、こんにちは。
ありがとうございます。
やはり独製というレンズが憧れでした。

今日は、仕事で奈良市へ出かけてきました。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 18:57
> silvergray さん、こんにちは。
薔薇が旬揃いだったもんで、やや興奮しながら撮影しました。
やはり独製に憧れる歳でございます。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 19:01
> 鎌ちゃん さん、こんにちは。
Carl Zeiss Jena社 が西ドイツ側にあれば、もっと違う運命だったろうにと
思います。
30年以上も前のレンズですが、手放せないレンズです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-06-07 19:04
>yoshiyoshi さん、こんにちは。
"英国製"・"米国製"・"日本製"ではなく "GERMANY" という言葉の響きに
心が引かれるまほろばです。
東ドイツJena社のレンズが”独製”の色合いの濃いような気がします。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    十薬、ドクダミ         薔薇 >>