2009年 05月 11日

   母の日

昨日は母の日でした。
兄から母に、小坪(逗子)の”釜揚げしらす”、”たたみいわし”、”アジの干物”などを
送ってきてくれました。年老いた母でも食べられますし、兎に角、美味しい!!
奈良では口にすることができないので、ありがたいことです。

親竹は竹の子に養分をたくさんまわすために、葉の色は褪せたように黄ばみ、本来の
艶やかな色合いも失せています。
”竹の秋”を見るたびに、いくつになっても親という存在を意識します。   263 s


        母の日や温めのお茶を共に入る
        ☆俳句の文字色を 蜜柑 (みかん) 色 にしてみました

        ささやかに母を愛せと竹の秋
        ☆よし さんから新しい視点をいただきました


b0161171_2031732.jpg


        ☆八釣の奥の光景
b0161171_5363386.jpg


        ☆甘樫丘の東からの眺め    新しい撮影ポイント
b0161171_5365141.jpg

  




        ☆八釣からの眺め   定点撮影ポイント
b0161171_5351613.jpg

  
  
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-05-11 05:21 | 明日香 | Comments(8)
Commented by 風のぶ子 at 2009-05-11 07:17 x
なるほど!
“ちょっと詳しく知る”の意味が分かりました。
おいしいでしょう、生のしらすも舌が蕩けます。母の日は晴れて皆様よい一日でよかったです。
Commented by yoshiyoshi at 2009-05-11 17:46 x
ささやかに母を愛せと竹の秋    よし

察するにまほろばさんがお母さんと同居なのですね、
何が腹が立つといって、この国の老後の福祉
年寄りを何にも理解してない、ホッタラカシ、
何をさておいても国に貢献した者への愛情の欠片もありませんな。
Commented by 道州 at 2009-05-11 18:59 x
まほろばさん、こんばんは。

「竹の秋」

自分の栄養をそぎ落として竹の子へ・・・。

これこそ母親たる者の究極の愛ですね。

自分を着飾る事しか知らない昨今の若い母親に、竹落葉を煎じて飲ませたい(笑)。

*まほろばさんの頭髪はまだご健在とか。

うらやましいな〜♪
Commented by ぼたん at 2009-05-12 00:42 x
小坪・・は、鎌倉へ行く時に車で通ります。小さいけれどふるい漁師町で、
近くを江ノ電が通ります。 なんだか嬉しくなりました。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-12 05:58
> 風のぶ子 さん、こんにちは。
逗子の魚は兎に角新鮮で、刺身も美味しいです。
なぜ昔から御用邸があるのか?ということを、
知りました。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-12 06:13
> yoshiyoshi さん、こんんちは。
新しい視点、ありがとうございます。
なるほどと納得するばかりです。

太平洋戦争をくぐり抜けて生きてきた庶民を、ないがしろに
する国だと思います。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-12 06:16
> 道州 さん、こんにちは。
竹の秋
若い母親や父親に諭したいと思います。

髪の毛は、未だ健在です。
先日も、40代ですか?と聞かれました。
歳のせいか、嬉しく思いました。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-12 06:18
> ぼたん さん、こんにちは。
逗子はいいところです。
何度も行きますが、また行きたくなるところです。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    八釣の小判草(俵麦)         明日香 >>