2009年 05月 08日

   飛鳥寺のお御籤

飛鳥寺の境内には、朝が早いこともありまほろばだけで、桜の新鮮な葉が
いっぱい広がって、心地よい日陰を作ってくれていました。
ここでゆったりと休憩をして、また明日香路の散策を続けました。   260 s


        葉桜や御籤のたびに手を合わせ
        ☆俳句の文字色を 若草 色 にしてみました

        大あくび待ってましたと毛虫落つ
        ☆よし さんから新しい視点をいただきました


b0161171_1721788.jpg


        ☆梅花空木
b0161171_3492257.jpg


  
        葉桜の中の無数の空さわぐ
        ☆俳句の文字色を 若草 色 にしてみました
        ☆篠原 梵 氏の俳句
b0161171_172150100.jpg

  
 





b0161171_20205310.jpg


b0161171_350183.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-05-08 07:58 | 明日香 | Comments(10)
Commented by ぼたん at 2009-05-08 08:26 x
飛鳥寺・・その名前を伺っただけで、心がうっとりします・・・
本当に良いところにお住まいですね・・・散策していると、飛鳥人の
影が見えませんか? なにかささやいていませんか?
飛鳥の郷の古は・・・・・・・浮かびそうです。
Commented by yoshiyoshi at 2009-05-08 10:21 x
大あくび待ってましたと毛虫落つ     よし

桜の下は気をつけましょう。(笑)
Commented by 風のぶ子 at 2009-05-08 13:05 x
お御籤ごとに手を合わせる。
ささやかな所作があたたかいですね。

横道にそれますが、こちら逗子には「葉桜」団地という地名があります、
奈良・明日香を結ぶ縁をみつけて一寸ウレシイ。
Commented by マイルド at 2009-05-08 18:36 x
こんいちは。
どの写真も清々しさがありますね!
特に三枚目など・・・

手持ちなどではなくしっかりと三脚据えてでしょうネ。
635で昨日注文しました。明日土曜日に到着です。
手抜きせずに頑張りたいと思います。
Commented by 道州 at 2009-05-08 19:37 x
まほろばさん、こんばんは。

どの花も美しいですね。

殊に、願いの込められた神籤の花が・・・♪

早朝の飛鳥寺を堪能出来るのは、地元の方の特権ですね。

Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-09 06:52
> ぼたん さん、こんにちは。
”飛鳥寺”の名前で、うっとり・・・・・・ですか!
ばたんさんにとって明日香はこころの故郷なんですね。
四季折々の風景写真を、もっとアップしたいと思います。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-09 06:59
>yoshiyoshi さん、こんにちは。
新しい視点、ありがとうございます。
山桜の場合は、かなり気をつけないといけないですね。
飛鳥寺ですから、観光用に消毒しているでしょうか?
このような視点を教えていただき、勉強になります。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-09 07:45
> 風のぶ子 さん、こんにちは。
葉桜の色合い、とてもやさしいですね。
葉桜を直に見ているより、ファインダーを覗いているときの方が、
新鮮に感じました。

”逗子”には葉山御用邸がありますね。
夏は涼しいし冬は暖かいところで、なぜ御用邸があるのか?が
わかりました。
東京から安全を確保しながら逗子に入る天皇家専用道路と思える
逗葉道路(有料)もありますね。
ちょっと詳しく知るまほろばです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-09 07:48
> マイルド さん、こんにちは。
3枚目は、真上の葉桜でしたから、手持ちでがんばりました。
AFでしたから数枚撮れば、そのうちに良いのもあるだろうと
思っていました。
645、今日届くんですね!
楽しみです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-09 07:52
> 道州 さん、こんにちは。
御籤の写俳を、だれかがされていたので、まほろばも
挑戦したいと思っていました。
飛鳥寺の御籤と麻ひもが目に飛び込んできました。
近所ですので、とてもありがたいです。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    大待宵草 ( おおまつよ...         酸模(すかんぽ)の歌 >>