2009年 05月 04日

   紫蘭

毎年2月、東京ドームで開催される”世界らん展”に、心待ちにして毎回行く友人が
います。地方で開催されるのは、旬が過ぎているからと・・・・・・
新幹線を使って行くのですから、その意気込みは性根が据わっています。
その友人が、7年ほど前に、一言 ”紫色した紫蘭を買ってきたよ!”と・・・・・・・・
蘭好きのまほろばにとって、とてもありがたいことです。
その紫花紫蘭の繁殖力は弱く、やっと15株程度に増えました。    256 s


        ふじ色の紫蘭もありし交わす笑み
        ☆俳句の文字色を 古代紫 ( こだいむらさき ) 色 にしてみました


b0161171_20161666.jpg


b0161171_20103695.jpg


b0161171_20104990.jpg

 




b0161171_20184542.jpg


b0161171_20113479.jpg


b0161171_2012297.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-05-04 05:05 | 草花 | Comments(11)
Commented by ぼたん at 2009-05-04 01:24 x
花びらに水滴が光るのは、本当に綺麗ですね。人間が作った者でないから余計にきれいなのでしょうね。 古代紫ってやっぱり私の好きな色です。 ありがとうございます。
Commented by silvergray at 2009-05-04 16:11 x
紫花紫蘭、知りませんでした。
藤色の紫蘭は我が家にもありますが、先週から毛虫に集られ、無残な姿となりました・・・。
奈良はどうでしょう?発生していませんか。
Commented by 道州 at 2009-05-04 16:45 x
まほろばさん、こんにちは。

今日はカブトムシで驚かせてすみませんでした♪

紫蘭の花を私も撮ってきましたが、ここまでの瑞々しさは出せませんでした、

特に、白の紫蘭の美しさは、垂涎ものですよ♪
Commented by yoshiyoshi at 2009-05-04 18:01 x
騒擾の憂き世ものかわ紫蘭咲く    よし

電車の中はマスクだらけ、もはやこの国は狂ってます。
そんなに騒がなくても、いずれは誰も死ぬものを。
Commented by マイルド at 2009-05-04 20:51 x
こんばんは、やっとスムースに開通ですね。

ランのことはよくわかりませんが
一つ一つの蘭にもそれなりの努力が必要なのですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-04 21:35
> ぼたん さん、こんにちは。
雨が止んだので、カメラを持ち出し撮影しました。
紫の紫蘭の色を、古代紫にしました。
気に入っていただき、ありがとうございます。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-04 21:38
> silvergray さん、こんにちは。
藤色の紫蘭、あるんですか!
我が家の紫蘭は綺麗な状態で咲いています。
今日も実家のごく普通の紫蘭を撮ってきました。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-04 21:41
> 道州 さん、こんにちは。
白の紫蘭に興味をもっていただき、ありがとうございます。
実家の紫蘭で、塀ぎわの花は旬をむかえていましたので、
パチパチと撮ってきました。
でも、途中までCFが入っていないことに気づきませんでした。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-04 21:49
> yoshiyoshi さん、こんにちは。
いつも新しい視点、ありがとうございます。
皆がすれば、それに倣って同じようなことをしてしまいますね。
まほろばは、”愚直一徹”ということばが好きなんです。
この結果、数々の失敗をしましたが、それもありかと・・・・・



Commented by mahoroba-shahai at 2009-05-04 21:51
>マイルド さん、こんにちは。
今晩はスムーズにつながるでしょう!
昨夜はひどかったです。
まるで止まっているかのような・・・・・・

開花のために一年があるようなものですから
花も必死に成長しています。



Commented by silvergray at 2009-05-04 23:36 x
再コメント。
失礼しました。普通の紫蘭(3枚目)だと思います。
私のではなく、母が水遣りをしています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    野の花         藤(2) >>