2009年 04月 08日

   橘寺の桜

明日香の橘寺に、早朝(6時30分)行ってきました。早いということもあって、空気は
とても清々しく、カメラマンもほんとうに少なく、散歩する方と出会うことぐらいです。
橘寺の場所は、聖徳太子誕生の地であり、太子が建てた七大寺の1つとされています。   231 s


        橘の桜はさくらとき刻む
        ☆俳句の文字色を 桜色 にしてみました

        花咲くや 太子の遺徳偲ぶ寺
        ☆鎌ちゃん さんから新しい視点をいただきました


b0161171_22235040.jpg


b0161171_2224617.jpg


b0161171_22244794.jpg






b0161171_22252239.jpg


b0161171_62933.jpg





  
  
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-04-08 06:35 | 明日香 | Comments(8)
Commented by yoshiyoshi at 2009-04-08 06:55 x
桜の写真は難しい、こんな風に光と影があるといいのですがねぇ。
Commented by 風のぶ子 at 2009-04-08 07:02 x
ちょっと今しがたコメントの五百羅漢の気に打たれたままですが。
奈良の地のふかい豊かさを思います。
実は下旬に少しですが奈良へ立ち寄れそうなんです。時間が少しなので何処か一カ所に絞ろうと考え中です。
Commented by 鎌ちゃん at 2009-04-08 11:11 x
お早うございます。
橘寺、行かれたことがないと、以前に書かれていましたが、
ついに行かれたのですね。
明日香の桜は、やはり、歴史の重みを湛えた風格がありますね。
「花咲くや 太子の遺徳偲ぶ寺」
Commented by マイルド at 2009-04-08 18:32 x
こんにちは。
最近は夜明けも早く日没もずいぶん遅くなってきました。
早朝の静かなときにそして邪魔されることもなく宜しいですね。

橘寺は私も行ったことがありませんが
まほろばさんもそうでしたか!?お近いのに・・・
飛鳥は春夏秋冬、撮影材料には不足しませんネ。
うらやましい限りです。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-08 20:27
> yoshiyoshiさん、こんにちは。
今回、桜の撮影をしていて感じたことなんですが、昼間では太陽光が
上の方からきますので、桜の表情が乏しくなり、朝方や夕方では
太陽光が横からきますので、桜の表情が豊かになるように思いました。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-08 20:35
> 風のぶ子 さん、こんにちは。
奈良のどこがいいでしょうか?
奈良で活動できる時間の量で、行動パターンが
きまりそうですね。
また、京都から奈良を経て大阪へ行くのか?
名古屋から奈良を経て京都へ行くのか?



Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-08 20:47
> マイルド さん、こんにちは。
そうですね!
カメラさえあれば、比較的簡単に明日香で楽しむことが
できます。
カーナビの走行軌跡機能を使いますと明日香を縦横に
走りまくっていることがわかります。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-08 21:53
> 鎌ちゃん 、こんにちは。
新しい視点ありがとうございます。
拝観料がいりますから、橘寺には入り口までで戻ります。
外からでも十分に春の雰囲気が楽しめます。
高校生のときは、拝観料もいりませんでしたから、
写真を撮りに行きました。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    橘寺の石仏         五百羅漢(高取) >>