2009年 03月 28日

   連翹 ( れんぎょう )

明日香の最奥に栢森ありますが、そこから急な山道を登りますと入谷というほんとうの
最奥の里があります。 もう!これより先には里はありません。
曇っていますが、ここまできますと、やはり空気は澄んでいて気分爽快です。車から
降りて、とことこと歩き回って撮影してきました。   224 s


        山の里連翹の黄に愛でにけり
        ☆俳句の文字を 中黄(ちゅうき)色 にしてみました

        人里の果てに連翹覆いけり
        ☆鎌ちゃん さんから新しい視点をいただきました


b0161171_834031.jpg


        ☆連翹と雪柳
b0161171_841170.jpg


        ☆山茱萸
b0161171_85318.jpg


  
  





b0161171_844760.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-03-28 08:12 | 明日香 | Comments(6)
Commented by kemm at 2009-03-28 08:38 x
トップ画像のこの構図いいですね。
この花の美しさ、迫力を感じます。
生垣なども多い木ですが伸び伸びとしていて気持ちがいいですね。
Commented by 鎌ちゃん at 2009-03-28 13:52 x
こんにちは。
すごい連翹の林ですね。
こんあ迫力の連翹を見るのは初めてです。
まさに、黄色に覆われた世界ですね。
「人里の果てに連翹覆いけり」
Commented by まほろば at 2009-03-28 15:26 x
>kemm さん、こんにちは。
ありがとうございます。
里の辻に植えてありますから、そのままの連翹を楽しむことができました。
歩く途中に、このような伸びやかな連翹に出会えますと、ほっとします。
Commented by まほろば at 2009-03-28 15:54 x
>こんにちは。
新しい視点、ありがとうございます。
そのまんまの連翹で、下草は刈ってありますから、見栄えがありました。
見知らぬところへ出かけるのもいいですね。


Commented by マイルド at 2009-03-28 17:34 x
こんにちは、今日はこちらでは風がなくて助かりましたが
気温は殆ど上がりませんでした。
体調は良くなられましたか?
良くなられたからこのような場所で良い写真が撮れるのでしょうが・・・

前後しますが、#cfcf4dは「刈安色(かりやすいろ)」です。
私知らなかったのですが、滋賀県の刈安あたりから来ているようです。
滋賀県で多くこの染料がとれるとか・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-30 13:15
>マイルドさん、こんにちは。
風邪は治りましたが、これは花粉症?でしょうか。
よくわからない状態が続きます。
最近、色に凝り始めまして、書籍も買ってしまいました。
”日本の伝統色”・・色の解説もあり勉強になります。
ただ、色のRGBに関しては、”和色大辞典”が色をよく
表現していると思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    山茱萸 ( さんしゅゆ )         土佐水木 と 日向水木 >>