2009年 03月 30日

   稲渕の春

稲渕をぐる~と回ってきました。
仲良しシルバーの方々でしょうか?
畦にかがみ込んで写真を撮っていましたね!
ところで、稲渕の棚田にロープが張られていました。
以前に地元の方に聞いたのですが、畦へ強引に
進入して、畦や田が踏み荒らされると・・・・・・・
ロープの件も、仕方がないことですね。   226 s


        菜の花の棚田詣での翁かな
        ☆俳句の文字を 菜の花色 にしてみました
  
  
        ☆紅辛夷  菜の花
b0161171_65436100.jpg


b0161171_655377.jpg


b0161171_12295768.jpg








b0161171_1230235.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-03-30 12:14 | 明日香 | Comments(10)
Commented by 鎌ちゃん at 2009-03-30 14:24 x
稲渕の菜の花、去年も見せていただきましたね。
一枚目のスポットは、去年も見せていただいたところでないですか。
どの季節をとっても、絵になる棚田の風景、本当に、日本の風景の原点ですよね。
畦を踏み荒らしてしまう行為、残念ですね。
遠来の者も、景観の保護に、心を配りたいものです。
Commented by マイルド at 2009-03-30 14:43 x
こんにちは。
まほろばさんの稲渕での定位置ですね。
とても綺麗な菜の花です。

それにしましても凄い人出ですね。
農家の方も大変でしょうネ。
何処もマナーの低下が問題になっていますが
マナーは守っていきたいと思いますネ。
Commented by yoshiyoshi at 2009-03-30 16:04 x
手前のツツジもいいですねぇ、
そうですか吉野は遠いのですか、知りませんでごめんなさい、
飛鳥で充分ですよ、今か明日かと楽しみにしております。(笑)
Commented by ぼたん at 2009-03-30 20:31 x
最近のカメラマンは、鎌倉でも少しばかり評判が悪いです。
お寺さんによっては、カメラマンお断り・・・も出るくらいです。
いい大人なのに、こまったものです。 約束事を守っているカメラマンまで
悪く思われてしまいますよね。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-31 07:29
> 鎌ちゃん 、こんにちは。
稲渕の菜の花は、春を確認するためにも必要なものだと思っています。
また、まほろばの定番の撮影スポットです。
この棚田に、たばこのポイ捨てがあるのが、一番悲しいことです。


Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-31 07:31
> マイルド さん、こんんちは。
ハイ!
稲渕の棚田、特に菜の花はまほろばのお気に入りです。
なにか、こころが軽くなるんです。
CFを入れ忘れたこともありますし、甘樫丘にも行って
みたいです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-31 07:34
> yoshiyoshi さん、こんにちは。
手前の花は、紅辛夷だと認識しています。
吉野は人がとても多いですし、移動時間がちょっとかかります。
時間的に余裕があれば行きたいです。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-31 07:37
>ぼたん さん、こんにちは。
撮影するのはいいのですが、たばこのポイ捨てをみると、ほんとうに
情けなくなります。まほろばもマナーを守って楽しみたいと思います。


Commented by snowdrop at 2009-04-24 16:50 x
昨日、稲渕へ蓮華を見に行きました。
菜の花はもう終わっていたようですが
飛鳥寺の裏の蓮華畑が満開でした。
彼岸花の頃よりずっと静かでしたが
連休にはまたにぎわうのでしょうね。

祝戸荘というところで、父と古代食を頂きました。
椎の葉に盛ってあって、万葉集の世界に酔わせてもらいました。
運転があるので、にごり酒はあきらめましたが…
明日香に来るたび、神秘的な山々に囲まれて
国のまほろばの香りを感じます。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-25 08:18
> snowdrop さん、こんにちは。
飛鳥寺付近の蓮華が一番濃いと思います。
以前に、この場所からの写真を撮ったことがあります。
今年も撮っておきたいです。

お父様との、いい思い出作りをされましたね。
祝戸荘は、稲渕と石舞台の中間にあるところですね?!

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    栢森の神社         山茱萸 ( さんしゅゆ ) >>