2009年 03月 31日

   栢森の神社

明日香の最奥の稲森に、鄙びた加夜奈留美命神社があります。
歴史的にいろいろな説がありますが、まほろばにとって明日香を代表する
神社だと思っています。この地所に、漕ぐこともできなくなったブランコ、
苔生したシーソー、錆びきったすべり台、いずれも狭くはあるが、ここから
笑い声が村中に響き渡っていたことでしょう!   227 s


        風もなく童声なし春淋し
        ☆俳句の文字色を 薄桜色 にしてみました

        故郷の鞦韆揺らす影もなし
        ☆鞦韆 ( ブランコ )  

b0161171_6502230.jpg


b0161171_6504789.jpg


b0161171_651939.jpg

 




b0161171_7421091.jpg


b0161171_6542054.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-03-31 07:38 | 明日香 | Comments(11)
Commented by 鎌ちゃん at 2009-03-31 07:48 x
お早うございます。
そういえば、昨年明日香へ行ったとき、
子供の姿を一度も見なかったことに、今気がつきました。
やはり、少子化が進んでいるのでしょうか。
以前は、稲森のこのあたりでも、子供達がたくさんいたのでしょうね。
朽ちていこうとしているシーソー、ブランコも、やがては
明日香の歴史に埋もれていくのでしょうか。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-03-31 20:54
> 鎌ちゃん さん、こんにちは。
昨年、真新しい鯉のぼりを見ましたし、廃村になるということは
ないと思います。しかし、子供が減っていることは確かです。
栢森の土地勘もできましたから、たびたび行きたいです。

Commented by 道州 at 2009-03-31 21:55 x
まほろばさん、こんばんは。

歴史ある明日香村にさへ過疎の波が押し寄せてきているのですね。

風もなく童声なし春淋し
故郷の鞦韆揺らす影もなし


昔ながらの遊戯に、にぎやかだった頃が忍ばれます。

*私の紫木蓮は、近くの公園に咲いていたものです。
花びらのとれた写真は、民家の庭の低木。

自然の中では、白木蓮が圧倒的に多いのじゃないですかね。
Commented by silvergray at 2009-03-31 22:31 x
どこへ行っても、このような光景に出くわすんでしょうね。
私のところも然です。
加速度的に都会へと人は集まりますね。せめて写真で遊びましょう。
Commented by ぼたん at 2009-04-01 11:29 x
この神社の神様は女性なのでしょうか?昔の子供さんは鎮守様の
ところで遊んだ・・なんてよくドラマにも出ますが、今は・・・ないのですね。
さみしいですね。
Commented by マイルド at 2009-04-01 17:17 x
こんにちは、まほろばさん。

何でもないところを的確に綺麗に撮影されますね!
流石ですね。
まねしようと思い、心の隅にはあるのですが出来ません。
Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-01 19:33
> 道州 さん、こんにちは。
子供も少なくなったこともありますし、ゲーム遊びで
自宅にこもっているのかも知れません。
里は、ほんとうに淋しくなって・・・・・・

紫木蓮を一度は撮影したいと思っていますが、
今年はもう無理ですね。


Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-01 19:40
> silvergray さん、こんにちは。
東京に兎に角人は集まりますね。
関西の経済が沈滞して、活気がありません。
明日香を見ている限り、限界集落になることは
ないと思っています。



Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-01 19:44
> ぼたん さん、こんにちは。
昔のように、ガキ大将やママゴトをする女の子はいなくなりましたね。
塾通いのお利口さんは増えましたけど・・・・・・
ちょっと淋しいです。


Commented by mahoroba-shahai at 2009-04-01 19:46
> マイルド さん、こんにちは。
ありがとうございます。
兎に角、明日香をちょこちょこと出歩きたいです。


Commented by 冬日向 at 2009-04-05 08:21 x
まほろばさん!

お久しぶりです。
まほろばさんの写真が大好きで拝見はしていたのですが、
コメントをしていなくて。

この苔むしたシーソー、もうどれだけ誰も遊んでいないのか物語っています。アングルも素敵、、、、、
こんな神社を訪れたくても、、、なかなか。
お住まいがうらやましいです。

またお邪魔させてください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    甘樫丘の春         稲渕の春 >>