2009年 03月 24日

   庭梅

甘樫丘(明日香)の東麓に、暗殺された蘇我入鹿邸の屋敷跡や武器庫跡があり、
今は自然の形を残したままで整備された公園があります。
その片隅に庭梅 ( ニワウメ ) があり、ことに優しげな花に見惚れました。   222 mi

撮影場所


        はんなりと映える襟元はねず花

        ☆庭梅の古名   唐棣花
        ☆唐棣色 < 朱華色 > ( はねずいろ #FAC7C1 、 rgb(250,199,193) )  
          俳句の文字色を 唐棣色 にしてみました
        ☆はんなり ( 京ことば )   上品で、明るく華やかなさま


        はんなりと映える襟元はねず花
          俳句の文字色を 撫子色 にしてみました


b0161171_16563390.jpg


b0161171_16572037.jpg






b0161171_16573523.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-03-24 08:37 | 明日香 | Comments(8)
Commented by 凡比 at 2009-03-24 09:56 x
はんなり はねずいろ
なんて美しく雅美
こんな色の襟元は美人の乙女に違いないと・・・・
いえ年増のお姉様にもおばさまにもよくにあいそう~
曽我の入鹿さん 歴史ではこんなお名前をいただいてしまって 権力者を恨んでいるのではと・・・
きれいなお花ありがとうございます
Commented by マイルド at 2009-03-24 23:05 x
いやいやいや・・・ほんのりとしたピンクがとても
感じよいですね!
ピンクの・・・そして襟元・・・春ですね!(笑
よう~し、明日はピンクをねらってみようと。


Commented by snowdrop at 2009-03-25 09:07 x
和菓子そっくりのはねずいろですね!
こんな花を見ながらお抹茶を飲んだら
まったりできそう…
Commented by 鎌ちゃん at 2009-03-25 14:57 x
はねず色というのですか。
はんなりとという表現がまさにピッタリな色。
こんな襟元見せられたら、男心はたまりませんね。
歴史ロマンあふれる甘樫丘にピッタリの花です。
Commented by silvergray at 2009-03-25 18:21 x
「はんなり」は、TVで、やたらと使いますが、定義をはっきりを聞いたことはありませんでした。
まほろばさんが示すものなら、信用できますね。

色っぽい句・・・と思ってはいけないんですね。
「唐棣花色の」で「移ろいやすし」に掛かる枕詞になるんですね。
如何にも、はんなりとした色ですねぇ。

Commented by ぼたん at 2009-03-26 13:14 x
殺伐とした歴史が繰り返されても、花は・・・山は・・空は・・自然は・・・
泰然自若・・・ 時という、弟子を連れて 人間の心の中を
清く・静かな風に変えてくれる。  今は・・・留連うなり (つたようなり)
Commented by まほろば at 2009-03-26 21:41 x
> 凡比 さん、こんにちは。
はねず色という色を、今回はじめて知りました。
俳句をしていなければ、一生知らなかったと
思います。ありがたいことです。




> マイルド さん、こんにちは。
ピンク色の写真は撮れましたか?!
春になり、花の数もいっきに増えて、撮影に出かける
時間が欲しいです。
風邪は、まだまだ治っていないので・・・・・・・




> snowdrop さん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
こんな和菓子があれば、何個でも食べてしまいそうです。
おまけにお抹茶がありば・・・・・



Commented by まほろば at 2009-03-26 21:55 x
> 鎌ちゃん 、こんにちは。
”はんなり”ということばは、奈良の人間にとって
あまり馴染みがありません。
苗木ですから、この繊細さが出たのかもしれません。
大きくなると、自己主張するかも・・・・・・




> silvergray さん、こんにちは。
”はんなり”はTVでは、よく出てきますか!
奈良では、滅多に使わない言葉です。
この落ち着いた色合いに、なぜか?ほっとします。




> ぼたん さん、こんにちは。
写真を撮ったり、俳句をつくったり、言葉の意味を調べたり
なんか?!まほろばも少し変わりつつあります。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    土佐水木 と 日向水木         菜の花 >>